当日プログラム

※プログラムの内容は諸事情によって変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※分科会登壇者等は諸事情により変更しています。下記ページよりご覧ください。

講演会13:00-13:55

オープニングメッセージ

横浜市長 林 文子 氏による開会の挨拶を行います。

基調講演「次の世代へのバトン」

この時代を生きる私たちにできることは・・?
ご自分の目線で、ご自分の言葉で、メディアを通じ多様な発信をされているSHELLY(シェリー)さんを講師にお迎えし、考えます。

SHELLY (シェリー)

タレント

1984年生まれ。横浜市出身。イタリア系アメリカ人の父と日本人の母を持つ。3姉妹の末っ子。
スカウトがきっかけで14歳の時にモデルデビュー。ファッション誌のモデルを経て、現在は日本テレビ「ヒルナンデス!」、「今夜くらべてみました」など多数の番組、CM、雑誌などで活躍中。幅広い世代から支持されている。
司会を担当しているAbemaNews「Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~」は、毎回、女性の生きづらさ、ハラスメント、性教育、男女の価値観の違いについてなどのテーマを掘り下げ、共感を呼んでいる。

分科会(パネルディスカッション)14:15-15:45

分科会1「幸せに働く~組織と働き方のイノベーション」

働きたい、働き続けたい会社とは?幸福学の視点をいかした企業の取組から考えます。

<パネリスト>前野 隆司 氏

慶応義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授

1984年東京工業大学卒業、1986年同大学修士課程修了。キヤノン株式会社、カリフォルニア大学バークレー校訪問研究員、ハーバード大学訪問教授等を経て現在慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授。慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長兼務。博士(工学)。

著書
『幸せな職場の経営学』(2019年)
『幸福学×経営学』(2018年)
『幸せのメカニズム』(2014年)
『脳はなぜ「心」を作ったのか』(筑摩書房,2004年)など多数。

日本機械学会賞(論文)(1999年)、日本ロボット学会論文賞(2003年)、日本バーチャルリアリティー学会論文賞(2007年)などを受賞。
専門は、システムデザイン・マネジメント学、幸福学、イノベーション教育など。

<パネリスト>菊地 加奈子 氏

社会保険労務士法人ワーク・イノベーション代表

早稲田大学商学部卒。社会保険労務士法人ワーク・イノベーション代表。特定社会保険労務士。第一子出産後、6年間の専業主婦を経たのち、資格を取得、2010年社会保険労務士事務所開業。2012年、第4子出産を機に自ら保育園を開園。また、企業における両立支援のための多様で柔軟な働き方の提案、企業内保育園の導入支援を展開。また、待機児童解消と女性活躍推進の観点から保育園の職場環境改善にも携わる。横浜市男女共同参画審議会委員。2015年横浜ビジネスグランプリ女性起業家賞受賞。プライベートでは6児の母。

<パネリスト>山本 裕介 氏

グーグル合同会社 ブランドマーケティングマネージャーGrow with Google プロジェクト統括

2004年東京大学社会学専修課程卒。大手広告代理店、Twitter 日本上陸時のマーケティングと PR を担当した後、2011 年グーグル合同会社入社。女性活躍と働き方改革をテーマとして1,000社以上のパートナー企業を集めた「Women Will」、学生・中小企業・開発者・スタートアップなど日本中の1000万人のデジタルスキルの習得をサポートする「Grow with Google」など、テクノロジーを活用してより良い社会を実現するための各種プロジェクトを担当。内閣府 男女共同参画局 専門調査会委員など複数の委員を拝命。プライベートでは2児の父で、北は知床、南は奄美大島まで様々な場所で子連れリモートワークにトライ。過去に複業として東京・青山で飲食店を経営。

<モデレーター>小安 美和 氏

株式会社Will Lab(ウィルラボ) 代表取締役

東京外国語大学卒業後、日本経済新聞社入社。2005年株式会社リクルート入社。2013年株式会社リクルートジョブズ執行役員 経営統括室長 兼 経営企画部長。2015年より、リクルートホールディングスにて、「子育てしながら働きやすい世の中を共に創るiction!」プロジェクト推進事務局長。2016年3月同社退社、6月 スイス IMD Strategies for Leadership(女性の戦略的リーダーシッププログラム)修了、2017年3月 株式会社Will Lab設立。岩手県釜石市、兵庫県豊岡市などで女性の就労促進、人材育成に関するアドバイザーを務める。2019年8月より内閣府男女共同参画推進連携会議有識者議員。

 

分科会2「自分らしさを表現~多様な働き方を実現する女性の起業」

自分らしく、社会にインパクトを生みだす女性起業家たちから事業の秘訣を聴きます。

<パネリスト>大笹 いづみ 氏

株式会社教育ネット 代表取締役

システムエンジニアを10年経験した後、企業内起業で学校教育へのICT事業を立ち上げる。2014年に株式会社教育ネットを設立。現在は学校教育や地域における「情報モラル」や「プログラミング」教育の支援をメインに活動している。また「かながわICTクラブ運営協議会」を立ち上げ、児童等と、社会人、高齢者などの地域住民が、地域でモノづくりやプログラミング等のICTを楽しく学び合うための総務省の実証事業に参加。先生や保護者、地域と共に未来を生きる子どもたちの可能性を信じ、知恵を出し合うことから生まれる支援やサービスを提供することで新しい価値を創造し続けている。内閣府認定「iSB公共未来塾」が実施する、社会起業ビジネスプランコンペで優秀賞を受賞。

<パネリスト>城宝 薫 氏

株式会社テーブルクロス 代表取締役

途上国で見た子どもの貧困と、飲食店の広告費の課題を同時に解決する「テーブルクロス」の仕組みを考案。飲食店を予約すると途上国のこどもたちに給食が届けられる。さらにインバウンド事業「byfood.com」を運営。訪日外国人に対して食に特化したエクスペリエンスを提供し、プラットフォーム事業を拡大している。大学三年時に起業した際は、約1億の資金調達を行いシステム開発に力を入れてきた。現在では社内の半分は外国人、さらにこどもを持つ女性社員の採用も積極的に行いダイバーシティの企業作りに励む。EY主催EY Winning Women2018受賞。EO主催GSEAグローバルコンテスト日本代表、スイス最古のシンポジウム「St.Gallen Symposium」日本代表。経済産業省や内閣府をはじめ、企業・経済団体・大学・NPOなどでの講演多数を行う。

<パネリスト>大久保 佳代子 氏

オーケービーコーディネート 代表

海外で見つけた商品の直接取引をコーディネートする貿易戦略コンサルタント。
中小の専門商社及び輸入車インポーターにて19年間に渡り、15ヵ国以上の海外企業との取引条件の交渉や契約締結、貿易実務、国際物流など海外業務全般に携わる。また、米国ラスベガスでの就労経験も持つ。言語の壁、貿易の経験や知識不足等により海外ビジネスに積極的に取組めない中小企業が商社に頼らず、直接取引を実現するための支援サービスを提供するため、2017年3月に開業。今年4月~IDEC横浜にて横浜企業の海外ビジネスマッチングや海外展開も支援している。

<モデレーター>高田 朝子 氏

法政大学経営大学院 イノベーション・マネジメント研究科 教授

米サンダーバード国際経営大学院国際経営学修士(MIM)。慶應義塾大学大学院経営管理研究科経営学修士、同博士課程修了。経営学博士。モルガン・スタンレー証券会社勤務を経て、法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科准教授、現職。専門は組織行動、リーダーシップ。

主要著書
『女性マネージャーの働き方改革2.0』(生産性出版、2019年)
『女性マネージャー育成講座』(生産性出版、2016年)
『人脈のできる人―人は誰のために「一肌ぬぐ」のか?』(慶應義塾大学出版会、2010年)、
『危機対応のエフィカシー・マネジメント―「チーム効力感」がカギを握る』(慶應義塾大学出版会、2003年)

 

分科会3「同僚は外国人~ハマで広がるダイバーシティ」

外国人と共に働き、学びあうことで、会社や個人がどう成長するかを考えます。

<パネリスト>河瀬 恵子 氏

横浜市立大学 留学生就職支援コーディネーター

横浜市立大学卒業後、明治製菓株式会社を経て株式会社リクルートエージェントにて法人向け中途採用支援を経験。その後、株式会社ディスコにて高等教育機関向け就職支援プログラム開発に従事。2017年より現職。文部科学省委託事業留学生就職促進プログラム産官学連携コーディネーターとして外国人留学生向けキャリア教育・インターンシッププログラムの設計を行う。国家資格キャリアコンサルタント。早稲田大学トランスナショナルHRM研究所招聘研究員。

<パネリスト>馬 暁征 氏

キャタピラー・ファイナンス株式会社 アソシエイトプロジェクトリーダー

早稲田大学 大学院情報生産システム研究科卒業(修士)。Caterpillar Chinaに入社し、契約書管理やマーケティングを経験。2018年に来日してキャタピラーファイナンス株式会社に入社し、リーダーとして多様なプロジェクトを推進している。また、エンプロイーリソースグループ(Young Professionals Japan)のリーダーとして、部門を超えた社員交流や能力開発の機会の創出に貢献している。

<パネリスト>谷川 篤志 氏

株式会社ファンケル 海外事業本部 海外営業部 部長

1996年株式会社ファンケルに入社。製品の海外への輸出や原材料の輸入業務に従事。その後人事部にて人事制度の運用や労務管理、グループ会社の総務人事業務を経験し、2007年より国外の販売拠点のサポート全般を担当。
通関士資格を有し、化粧品やサプリメントの輸出入や販売に関する制度についての知識・経験が豊富。現在の職場ではメンバーの半数が海外出身のため、多様性を尊重し、国籍問わず活躍できる職場づくりを目指して奮闘中。

<パネリスト>チャン レ トゥ ウエン 氏

光輝化成株式会社 取締役 品質保証部長

2012年ベトナム国家大学ホーチミン市自然科学大学卒業。16年経済産業省の3か月のインターンシップを経て、17年6月に光輝化成株式会社技術部入社。18年8月より取締役・品質保証部長に就任。現在は人事部門を担当しつつ、品質管理部の責任者として各種精密測定機器を駆使した製品の精度測定・データ解析を行い、製品の精度改善と品質問題のトラブル解決を職務とする。

<モデレーター>梅野 匡俊 氏

横浜国立大学 学長特任補佐 成長戦略研究センター 客員教授

横浜国立大学卒業後キリンビールに入社、経営企画・マーケティング部門で勤務。横浜支社長、原料資材部長、三菱広報委員会(出向)部長を経て退職後、横浜国立大学でマーケティング戦略を専門分野として研究・教育に従事。大学院インターンシップ科目を担当し、特に留学生とは面談を繰り返し、本人の目的と能力を見極めふさわしい企業を選定。留学生が日本企業に直に接することで、卒業後の進路を具体的に考え得る機会を提供してきた。

交流会16:00-17:00

参加者、女性起業家、分科会登壇者による交流パーティを行います。
横浜ウーマンビジネスフェスタ プレゼンテーションプログラム「CHEER!」の最優秀受賞者の表彰式も行います。

ホテルのスイーツブッフェ・ソフトドリンク付きですので、ぜひご参加ください。

 

 

参加までの流れ

2019年11月11日(月)9:00より、受付開始を開始いたします。
一般は先着400名、学生応援枠は先着50名となっております。お早めにお申込みください。

参加費

  • 一般…3,000円(講演会・分科会・交流会の一括申し込みとなります)
  • 学生応援枠…無料

※定員に達した場合、受付をお断りすることがありますのでご了承ください。

参加方法(一般)

1.お申込み

「お申込み」ページをご覧ください。
※分科会1は定員数に達しましたので締め切りました。

参加方法(学生応援枠)

※学生応援枠の受付は定員に達しましたので締め切りました。